cam_camera.gifコンパクトカメラ簡易マニュアル一覧 > オリンパスXA

XA01.jpgオリンパスXASIMPLE MANUAL

あなたはここに来た、84184番目の人です。(2000/9/14より)
簡易マニュアルシリーズ。
オリンパス・XAの簡易マニュアルです。

■■ 目次 ■■
各部の名称 ●ファインダー内表示 ●フィルム装填・巻き戻し ●露出補正 ●フラッシュ ●その他の資料


●各部の名称   ▲トップへ  ●コンパクトカメラページへ
  各部の名称


●ファインダー内表示   ▲トップへ  ●コンパクトカメラページへ
 

 ファインダー内表示

  ↓左の数字はシャッタースピード。実際には上から500〜1の目盛り表示。
   ┌─────────┐
   500         │
   250         │
   │    □    │←二重像
   2         │
   1         │
   └─────────┘


●フィルム装填・巻き戻し   ▲トップへ  ●コンパクトカメラページへ
 

●フィルム装填

 レンズカバーを閉じると、上面・左に巻き上げレバーが現れる。レバーを引き起こして、巻き上げ軸そのものを上にぐっと引っ張る。すると裏ブタが開く。

 左がパトローネ室、右に巻き取り軸がある。巻き取り軸の突起にフィルムのパーフォレーション(穴)を引っかけ、巻き上げダイヤルを回してフィルムを巻き取り軸に巻き付ける。ひと巻きしたら、フィルムのパーフォレーションがラェット(レンズの右下にあるギザギザのついたダイヤル)に引っかかるようにする。

 裏ブタを閉じて、シャッターを切る(レンズカバーを開けないとシャッターは切れないので注意)。このとき、カメラ全体を明るい方に向け、レンズを手で覆って、フィルムカウンターが1を示すまで巻き上げて空シャッターを切る。レンズ上の測光窓まで手で覆ってしまうと10秒のスローシャッターになるので、くれぐれもレンズだけを覆って空シャッターを切ること。

●巻き戻し

 撮影が終わったら、底面にあるボタンを押す。これを押すと巻き上げ軸が逆回転できるようになる。上面の巻き上げレバーを引き起こして、底面のボタンを押したまま、レバーを右に回してフィルムを巻き上げる。全部巻き上がると手応えが軽くなるのですぐわかる。手応えが軽くなってからも、4、5回巻き上げレバーを回してから、レバーを引き上げて裏ブタを開ける。


●露出補正   ▲トップへ  ●コンパクトカメラページへ
 

●+1.5露出補正

 底面のレバーを「back light」に合わせると+1.5の露出補正ができる。ネガフィルムを使っていて逆光の時に利用すると良い。

●フィルム感度を利用した露出補正

 露出補正はフィルム感度設定を利用して行える。
例:ISO 100のフィルムなら、ISO50にセットすると+1EVしたことになる。200にセットすれば-1EVしたことになる。クリックは1/3段ごとにあるので、1/3EVステップで露出補正することができる。


●フラッシュ   ▲トップへ  ●コンパクトカメラページへ
 

●A11

 ISO100と400に感度を切り替えて、自動調光による撮影が可能。他にフル発光も可能となっている。

 フラッシュをONにするには、まずフラッシュを取り付けて、次に絞りレバーを「FLASH」に合わせる。これでフラッシュのスイッチが入ると同時にフラッシュの頭部にあるOFFスイッチがポップアップする。この部分がオレンジに点灯すれば充電完了。このランプを押し込めがフラッシュはOFFになる。

 そのまま撮影すると1/30秒、F4に固定される。

 が、この状態で任意の絞りに変更すれば、シャッタースピードが調節され、日中シンクロが可能となる。

 他にA16、A9Lというフラッシュもある。


●その他の資料   ▲トップへ  ●コンパクトカメラページへ
   「ファミリー・フォトサロン オリンパスXAシリーズ」にも詳しい説明があります。ここの説明によるとA11のガイドナンバーは10となってます。どっちが本当だろう?


▲XA性能表

カメラページに戻る